So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

日野原先生本当にありがとうございました [不思議な命]

7月18日に聖路加国際病院名誉理事長の日野原先生がお亡くなりになった。
生前何度かお会いさせて頂いたが、その度に、何かを与えて頂いた。それは言葉だったり、先生の人生から来る空気感だったり。

ある方が、若いころ結核で聖路加国際病院に入院されていた。その後ある分野でトップの学者になり、「日野原先生にお会いすることが、自分の夢」だと言われ、
日野原先生にお会いできないかと、お願いをしたところ、機会を頂いた。

その学者さんは、当時肝炎を患っていました、
研究や病気のことなど、しばらく対話をされたあと、先生は学者さんに「自分の枠を超えなさい」と言われた。

「超えなさい」と言う意味は、自分の内面を深く見つめてきた経験のある人にとっては、決して抽象的な意味ではなく、現実に変化を起こせる強い言葉だ。誰から言われるかがポイントだけれど。そこまでの学者であれば、当然理解できるはずと、そこにいた皆が思ったと思う。

でも学者さんは、後での食事中、その言葉がずっと不満らしく、「意味が分からない」と言われていた。私は、とても残念だな、とその時思いました。

学者さんより、はるかに年上で、多くの体験をされてきた日野原先生は、無駄なことは言わない方だった。初めて会う人には、一瞬凝視されることがとても印象的でした。仕事や生きることの厳しさと面白さを暗黙に伝えて頂いたと思います。人や何かをいつも新鮮な眼差しで見られていたように感じる。IMG_0886.jpg

心よりご冥福をお祈り申し上げます。


先生から頂いた推薦文です。
 平成17年10月25日  
「アートセラピストアカデミー(有)では、アートを通して、人に憩いの時と場を提供し、心をより健康にするプログラムが紹介されている。」



ご迷惑の系譜 [関心]

喫茶店の話

喫茶店で一緒に行った人と、けんかっぽくなったことはないだろうか、
店にとっては、空気が悪くなり、他のお客さんにとって、とても迷惑なことだ。
そのときの経験です、

普段その店の人は、あまりお水を持ってこないのに、
頻繁にテーブルに来た。

そしてそれまでなら、帰り際に「またお越しください」と言うはずが、全く言わない。

その後5,6回ほど行っても、やはり言ってくれない。

その後やっと、口けんかをしなくなったのを確認したかのように
「またお越しください」と言ってくれた。鈍感な人ならそのプロセスって気がつかないかもしれないし。

これは、すごいノウハウではないだろうかmikossi.jpg、直接は何も言われていない、まあ、あまり店で口論をする人はいないだろうけれど、若気の至りにしときたい。思い出してはいつも反省しています”(-“”-)”

*写真 大宮駅にて 青森八戸のおみこしの縮小とのこと、縮小数値はメモし忘れました。

昔すぎる話題 [対人関係]

ここ数日、気持ちのいい日が続いています、

ごくごくたまに、会う人が、10年以上も前の話題をする、

私も、合わせて、「そうですね」と言うのだけれど、何故なんだろうと考えてみると・・。

その人と、その後、一緒に行動したことが、なくて、共通の行動は10年前で途切れているからなんだろう。

共に動くことがなくなれば、それこそ場合によっては何十年前の共通の話しかできなくなる。
それなりに一緒に動く人がいなくなれば、対話する相手はいなくなる、と言うことなんだろう。だからメールだけでは、だめで、不愉快なことがあっても、実際に動くことが、心身の健康に思う。

認知症も関係がある気がする。
IMG_0760.jpg

至近距離的にお互い役立つ人になる [関心]

何か情報が必要になって人から聞きたいときに、実践的にとても役立つ情報かどうかは、聞いた相手が個人として社会で責任を持って生きているのかで、そのレベルが全く違ってくる。

コーヒー店一つとっても、コーヒー店の常連なのか、そうでないのかは、店からの情報が全く違ってくる。常連になると、行く回数も増えるからなのか、地元の情報が何気に耳に入ってくる。
私は歯が弱いので、いい歯医者に出会うことがとても重要だった。今行っている歯医者はもう20年以上だけれど、「いい歯科医院」と言った本にも出ていない。

知ったきっかけは、親しくなった不動産屋さんの女性店長に、聞いたことだ。その女性は「良くしゃべる医師と無口な医師のどっちがいい?」と聞かれ「よくしゃべる医師!」と答え、紹介してもらった。うわべ的な情報か、地に足のついた情報か、場合によっては、運命さえ変える。そういうことに関心の無い人ももちろん多いだろうけれど。

社会で地に個人として足がついていて、信頼されている人、こういう人が、合理的な判断力を持っている。

ベビー・グルート (結構好きです)bebi-gure-do.jpg

ユニーク [関心]

某あ●さんと籠●さん、共通点がある感じで、それは、両名の奥様が自由奔放っぽい、
そして、その言動を夫がとがめてない感じ(実際は不明ですが、テレビで見る限り)がする。普通は、「お前は黙っていろ!」となりそうですが。そういう意味では、双方ともいい男性に見えてしまう。

良妻賢母タイプが同性でも苦手なので、なんだか、面しろい。

(二日前の石打湯沢あたり)
isiuti.jpg

日本男子 [関心]

日本男子

この言葉からどんなイメージを持つだろう、自分の場合はオリンピック選手でもなく、軍●でもなく、年齢とともに、すがすがしく、(全くエロくない)、言葉はうまくなくても、誠実で、でも幅があり、いい意味での責任感があり、斜に構えず、少年らしさもあり・・・。若者を相手に立派なことは言わず。裏表がなく(単に真っ正直と言う意味でもなく)・・・。
女性が、まだ自分で持ってない社会的なスキルがあるとしたら、こんな男性以外から習得するのは、難しい。
いい年をしているのに、「どうだ、色っぽいだろう」的な、空気感が、ある男性は、感情優先的でコワい。家の中だけにしてほしい。人として成長したい女性が必要としているのは、イメージとしての日本男子かもしれない。(単に、自分だけの考えですが)
IMG_0522.jpg

心の座標は、どこに? [魂と現実]

「新しい言葉の持つ力」って言うのがある。自分にとっての、その一つがスピ系で出てくる「ワンダラー」だ。多分、自分もそうだと、思う人は、結構いると思う。

特別、生活のなかで、これが不満とは言えないのに、心が落ち着かない、何となく居場所が、なく、そこそこ適応する能力はあるのだが。その落ち着かない感じを既存の言葉で説明しても、やはり?な気分になる。日本語はもちろん好きだが、この感じを表す言葉が見当たらない、孤独でもなく、放浪でもなく、それらだとなんだか意味が矮小化され特定されてしまう。

もう多分何十年前になるだろう、この言葉に出会った。この言葉に当てはめると、いろんなことが、気分や感情が無理なく繋がっていった。日本的には、あえて言えば「風が吹けば桶屋がもうかる」的もあるような、いろんなことが、地球の枠を超えて、繋がっている感じがピッタリくる。別に自分が特別と言う意味ではなく、現実の価値観に違和感があり、そして、尚その違和感を無視や否定するのではなく、そこからさらに自分に気づいていくきっかけになる。ただの石が、磨けばダイヤモンド的な、枠を広げる言葉との出会いによって、困難が、進化の元に思えてくる。

ただ、良くも悪くも、その感覚が全くない人との会話が、・・う、になってくる"(-""-)"
tori.jpg


一喜一憂は健康にヨクナイ [関心]

毎日、毎日、人を不安にさせる情報で溢れている。自分には関係ないと思っていたことも、身近な不安になったりする、こんな一喜一憂が、心身の健康に良くないだろう。

人は一人になりたいと思う時があるが、それは人がいるからそう思える。年齢が高くなると、自分が自分を必要としているだけでは、生きる力が不足する。家族以外からでも、自分を必要とされ、自分も必要とする方向が大事になる。

でも、この相関的な必要性は、簡単には作れない、ビルをつくるときに、強固な地盤まで杭が到達しないと無理なように、それぞれが、持っている、「変わりたくない面、変われないと思っている面」と言う強固な心の世界へのアクセスがお互いに、距離を持ちつつ必要になる。

それは、とても難しく苦しいことなので、大抵は、その上部にある、まだ柔らかい部分で終わり、その繰り返しが多いのではないだろうか。また、その関わり方が、マイナスを+にするという発想ではなく、より成長する為と言う、イメージの共有が基本になる。

今まで、かなり、家族や人との関係において、自分を直視してきた人の方が、これからは、楽になっていくと思う。こんな話も、興味が無い人には、全く無いというのが、「今」への感覚の違いによるのだろう。
IMG_0502.jpg

那須塩原温泉、さいたまからもとても、近く、観光地と言うだけではないので、のんびりできる。那須高原が近いので、夏は、渋滞する。安全に散策できるのが、好き、最近は、美味しいカフェもある。

シンプルは多様 [風景]

11月に初めて台湾に行きました、いまだに、気分はひたっています、説明しにくいのですが。
有名な九份の茶屋にも行けました。ここは、元々金鉱がありましたが、さびれて、金鉱で働いていた人たちの墓地しかないような場所だったと聞きました。

「千と千尋の神隠し」で宮崎が、ここで迷子になったとか、それがきっかけでこのアニメが生まれたと言う話もあります。それも何となく分かります、墓地ってちょっとと思いますが、実はとてもパワーのある場所で、社会的に成功した人が、成功する前から良く先祖のお墓参りに頻繁に行ったりしています。

なんか心配事があるとお墓参りに行く人も沢山います。

食事を家で食べる人は、殆どいない国だそうです、とにかくどこで食べても美味しかった、同じようなものでも、飽きない。帰ってから味覚まで変わった気がしています。
あまり細かく味付けしたものに関心が薄くなり・・・。

列車内で食べたお弁当の箱です、大まかな盛り付けなんですが、美味しかった、比較して日本のはきれいに盛り付けているけれど、何となく食物のパワーがないような感じがする。目的に向かってよりシンプルに、そんなメッセージをもらった気がします。
2016_11170097 (2).JPG


快感の種類 [魂と現実]

快感、快適というのは、やはり生活のなかで、一番エライポジションにある気がする、
美味しいものを食べたとき、温泉に入ったとき、買い物をしたとき、などなど、
どっとそれに依存と言うわけではないけれど、どれもささやかでも少しづつ日常化している。

それと、会社員だと上司に褒められた時などなど。

前半は、結局お金がかかるし、上司からのそれは、それで大変である。
自分の快感にお金がやたらかかることが、今の時代の「癖」な感じ。だからお金に人が使われていく感も出てくる。

自分で言えば、安上がりと言うかちょっとした山里の風景や本を読んで、かなりハイテンションになれる。その後でのコーヒーもすごく美味しく感じる。目の上の夕焼けを見ず、スマホで他地域のそれを見ている人もいるだろう、もっと身近な日常に深く関わることが、今はとても快感。貯金が快感と言う人もいる。
各自の快感追及の結果、環境破壊、等々、世界がバランスを失っている感じ・・・。
人の精神的進化の研究と自分の現実の一体化の作業が最高に楽しい。

先日上野駅で見たポスター。普通の生活に当たり前として、特別気づくこともない様々な美意識があるかどうかって言うことだと思う。
IMG_0450.jpg