So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
対人関係 ブログトップ
前の10件 | -

ほんとに二極化 [対人関係]

健康のためのテレビ番組は増えている。
生活のなかで、楽しいことの大きな一つは、食事、

美味しく食べるには、病気があったとしても食欲があり心身の痛みがないという「健康」な状態が必要になる。

年齢が高くなるにつれて、その健康には精神的な比重が高くなる。
高齢のご夫婦を見ていると、奥様が明るく元気だと、その御主人の人生も良かった!と思える。奥様が沈んでいて明るさがないと、その御主人の人生は暗く見えてくる。(その逆は案外感じない!(^^)!)

健康番組でも、その心の健康のための情報は、少ない。番組スポンサーがつかないのだろう。心の健康には、直接の「商品」がいらないところが、その理由かなと思う。

不機嫌な顔には、二種類がある。本当にずっと何があっても不機嫌そう・・・、もう一つは、何かいい事やきっかけがあると、変わりそう・・・前者は、かなり!!!。

*車で15分ほどのところにある喫茶店、週3日だけのオープン。名前を出してほしくない気配が濃い。
IMG_0828.jpg


コメント(0) 

親しさの為と言うより情報交換 [対人関係]

明けましておめでとうございます、今年も宜しくお願い致します!
「人の話を良く聞く」が、今年の一つの目標です。パーティーの挨拶は、大体、最初のワードで後が予測できるので、続けて聞くのが苦痛だったりする。でもじっくり聞くと、やっぱりその人らしさの発見がある。

と一応のことだけれど、面白い新鮮なワードが感じられないと、やっぱり飽きてしまう。英語は、ポイントのワードだけ強調されて発音されている気がするが、日本語もそんな感じが好きな気がする。相手の言いたいことが最初に予測できると、途中で遮るくせがある、ので、やはり相手に失礼になる。
人の持っている自分にはない発想や情報に関心があるのであって、関心がもともとない人の話は、・・・。失礼にならないようにと思いつつ、今年は自分のその傾向が強くなる気もします。
自戒を込めつつの、でもやっぱりの意味もあっての目標です・・・。
IMG_0215.jpg
コメント(0) 

相性 [対人関係]

相性ってとても大事、この元となる人の資質は、生まれつき+本人の目指す価値観から決まってくる。対話からそれらが見えてくる。
対話はその場で素晴らしい答えを見つけるためにあるわけではなく(専門家同士や仕事でまた意味が違うが)、お互いに共感を引きだすためにある。

C2060AA9-.jpg日頃から不満が多い人は、相手から共感を引き出す対話ができない。
共感は、徐々に高めあう力で、ゼロか100を求める段階は、心が粗い。

粗いと粗いは相性がいいことになる。どんなレベルと相性が合うかが、その人の人生そのものになる。

*吉乃川 パッケージが太陽のデザイン、かなりトロンとしているが、おいしい。
コメント(0) 

昔すぎる話題 [対人関係]

ここ数日、気持ちのいい日が続いています、

ごくごくたまに、会う人が、10年以上も前の話題をする、

私も、合わせて、「そうですね」と言うのだけれど、何故なんだろうと考えてみると・・。

その人と、その後、一緒に行動したことが、なくて、共通の行動は10年前で途切れているからなんだろう。

共に動くことがなくなれば、それこそ場合によっては何十年前の共通の話しかできなくなる。
それなりに一緒に動く人がいなくなれば、対話する相手はいなくなる、と言うことなんだろう。だからメールだけでは、だめで、不愉快なことがあっても、実際に動くことが、心身の健康に思う。

認知症も関係がある気がする。
IMG_0760.jpg

戻る [対人関係]

両親と暮らすって、いろいろと本当に大変だと思う、
特に義理の関係の場合。

なんというか、先祖帰りするみたいなことが起きる、
「息子」は、結婚で夫になっていくが、両親と暮らし始めると、「息子」に戻る。


「娘」は結婚して妻の要素が高くなるけれど、実の親と同居すると
「娘」に戻っていく。

いろんな他のメリットは同居であるだろうけれど、
心に関しては、かなりしんどくなることが多い気がする。

近くにいても、家はやはり離れている方が、お嫁さんにとっては、
いいのでは。

家庭では、夫より妻がしきりがちだけれど、
一軒の家で姑と嫁で女王蜂が二人は、何となく・・・。

IMG_0181.jpg

自分で蒔いた種は自分で刈り取る [対人関係]

黄金色.JPG自分で蒔いた種は自分で刈り取る

これって案外難しいこと。
分かりやすく言うと、自分のやったことの責任は自分で取ると言うこと。

きつく人に言い過ぎたら、お互いが不愉快になると言う現実がやってくる。それなら自分の言い方を変えようと思うことが、蒔いた種は刈り取ると言うことになる。

夜一日を振り返ると言うことは、自分の言動とその結果の現実を冷静に考えて、少しでもいい方に変えようとする作業になる。
この作業がうまくいけば、いい睡眠が訪れ、多少のお酒も美味しい。

でも特に仕事では、相手の問題があり、自分の悪かったことを考えるだけでは、ストーリがうまく繋がらず、「上司もきっと疲れていたに違いない」とか、何とか理不尽さに折り合いをつけようとするが、無理なことは無理。ちぐはぐな記憶のままの日々が続くとその結果眠れなくなる。

段々、自分の反省することと、相手の責任の部分が分からなくなり、蒔いた種は、刈り取れなくなる。多分組織が大きくなればなるほど、分からなくなる。しんどくて、お酒を飲みすぎたりする。その結果、益々自分の責任の部分が分からなくなる。

自分なりに穏やかさを維持するためにも、自由な部分での日々の責任を淡々とすることが、いいのではと思う。家庭でも心が不自由な状態が続けば、もう限界が来る。

自分の心身での自分の責任が、分からなくなりがちな時代なので、人へのこうげきが増え、無常観が強くなる。生活の情報の枠組みも大きくなるので、ちょっとアバウトな人の方が適応しやすい。


昔からお米ってそのままお金になるから本当に黄金(こがね)色

面倒な人っていつでも面倒 [対人関係]

生活の中でも、仕事でも新しいことを取り入れるのは、いろんな意味で苦労する。
なんでも、反対することが好きな人は、どこにでもいるので、まずスタートするだけでも、山がある。そして新しいことは、必ず、最初はうまく行かないことが多いために、反対の人に得点を与える。新しいことを、みんなでそれなりに、冷静に受け止め、受け入れ検討し試行錯誤する余裕があれば、社会には心が成長できる奥深さがもう少し増えると思うのだけれど。増えないと、社会はお金だけ増えればいいと思う人が優位になる。

いつも使うものを、もっと取りやすい場所に置こうと提案するだけでも、怒る人っているし☆彡


近くの少し前の桶川の水田風景で、見ているだけで心が落ち着く、こんな風景も減っていくのかなと、思う今年の夏です。私は山生まれなので山を見ると先祖と繋がりやすくなりますが、それでも水田は、遠い昔の時間に誘ってくれます。田園.JPG

とても重い [対人関係]

DSCF3155 (640x427).jpg仲良くないご高齢のご夫婦は、見ている側を十分に落ち込ませる・・・。女性のバッグには沢山のものが入っていて、財布・傘・水・手帳・etc.高齢の 夫はバッグを持ってない人が多いので、自分の病院のカードやいろいろ、全部を妻に預けている。最近はバッグを置くテーブルが公共スペースでも少ないので、肩にかけたまま、夫の必要な物を探している。

手元も不確かで、出すまでに時間が当然かかる、夫がイライラして大きな声で怒っていたりする。もうこの年になると、変わるのは難しい。後数年するとどうなっているんだろう。その逆もあって、夫が妻の声にオロオロしている。

対話が円滑ではない高齢者の増加は、社会をどんどん重くしている。行政のレベルではもう無理。
ある程度若い時から、お互いを尊重する関係を築く必要が逼迫している。本当は優しいけれど言葉使いが悪いも、本当には優しくは他人には見えない。

イライラして得することは何もないのに☆彡

醜態のススメ [対人関係]

DSCF3104 (640x427).jpg醜態をさらすって言葉がある、家族にだけではなく、他人にそれをすると、それをきっかけに人が変わる。コミュニケーションのレベルが上がる、ちょっと逆に下がるように思えるかもしれないけれど。

適当なことを言って、取り繕うようなレベルのコミュニケーションから、もっと深い、自分自身を伝えることに役立つきっかけになる。これをすると、うわべ的な対話が嫌になっていくけれど、同類にも会えて行く。生きることへの貪欲さがないと、さらけだすなんて、バカだと思うだろうけれど。

本音を隠すと、しんどくなるので、また相手を変えていく。成長ではなくて、逃避になる。

モラハラ [対人関係]

モラハラが話題だけれど、何となくわかる。結婚したときは、女性も精神的に???な状態でも、段々強くなっていったときに、夫は、昔のままの対応しかできなかったりする。夫の理解を超えているのに、夫はそれを理解できず、対外的にはいい夫でも、妻から見ると、いつも上目線を感じて、嫌になる。

妻の仕事に「あまり無理をしないでね」も、一見優しく聞こえても、なんだか妻の仕事を簡単に考えているようにも聞こえる。妻が自分の理解内にいつでもいると思っている、思い込んでいること自体が、モラハラになるんだと思う。

逆もそう・・・、夫の地位が上がった時に、それまでよりストレスが高くなっていることを、妻が分からなかったりする、身近にいる人に程、いつも新たな視線が必要に思える。

いつの間にか、咲いている梅?さいたまの玉敷神社の側です。かなり由緒あるようですが、調べてないので、?ですが、とても雰囲気があります。
__.JPG
前の10件 | - 対人関係 ブログトップ