So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

アートはどこから [絵画]

木.JPG 観光地で、行った店が満席であきらめようとすると、急にパラパラと席が空くことがある。夏外を歩いていて暑い!と思うと、急に曇ってきたり。こんなことから始まって、多種多様な出来事がある。他の人が一緒でないかぎり、行き当たりばったりのことが好きな方である。

店も事前に空き具合を調べたりするのは、面倒だ。
どんな小さなことでも、偶然上手くいった、そんな時は、神秘的な気分になる。大まかでアバウトならではの、確率みたいな感覚が、確かな感じになる。

もっと大きな確率の世界(自然)と一体化しているような気分になる。
社会も人工的な確率を最大にすると、人手不足や問題が起きた時に、多分機能しなくなる。
ただ、自然的な確率に委ねる場合は、より感覚を鋭くしておく必要がある。
この自然な確率の向こうに、神話の世界が見えてくる。もうとっくに過去のものと思い込んでいる神話的な世界の線上に今いる感覚(大げさに聞こえるけれど)が、アートと繋がっている。

*写真 クスノキに葉がついているように見えて驚きました、真後ろに別の木があるのですが、
遠くからは別の木が全く見えず☆彡

ひらめく [魂と現実]

冬の花.JPG健康の秘訣っていろんな条件があるけれど、やっぱり「これだ!」と思うことがある、
今持っている現実的な条件や環境ももちろん重要だけれど、それより、説明しにくいけれど、「漠然と空とか庭から木を眺めていたり、電車から流れる風景を見ているときに、突然ふっと、[未知に行く可能性]みたいな」、なんとも言えない解放感と言うか、そんな気分になることがある。
とても穏やかで、感謝の気分で満たされる。

具体的に特別いいことがあるわけではないけれど、日常がそれまでとは、違ってとても新たな変化の可能性に満ちたものに思えてくる。そんな時音楽まで聞こえてくる気がする。

ただ、昔と違うのは、昔はそんな気分の時、今いるところから、一人で出ていくことのイメージがあったが、今は、自分のいる「現実」に用意されている様々な扉と人との共生感を感じる。

余談だが以前、大戦により裁判でしょ○いされる元日本軍人が、その日窓から小さな野草を見て、その美しさに涙を流し続けたと言う実話を読んだことがある。それまでの人生では、そんな野草に気がつきもしなかった。

健康は、そんなどこからかやってくる自分へのまなざしみたいな感覚が、新しいそれまでとはステージの違う元気をもたらしてくれると思えて仕方がない。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。