So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

悪口は古い習慣 [魂と現実]

いろんなことが、ますます形がはっきりしてくる時代になった。

一番、大事なことは、自分自身の内面のことだと思う。

分かりやすいことでは、人の悪口は言って得しない。
本人に直接言うのは、言い方や時と場所を慎重にすれば必要なことが多い。
(職場はやはりかなり言わない方がいいですが)

陰での悪口は、それまでの相手の努力を全否定する事につながってしまう。
特に、その場では、にこにことして、離れたら悪口を言うのは、一番自身の心を暗くしていく。
相手が自分の思うように動くべきと思っていること自体が、大きくずれている。
かといって、出まかせのおべんちゃらも、自分に返ってくる。それまでの生き方から得た本人ならではの、バランス感覚が必要だと思う。

悪口を言っている人から人が離れていくのは、そのパワーの使い道が間違っていることを、
本能的に感じるからだと思う。悪口が多い人は、友達が多くても内心受け身的で寂しい人が多い。ただ、悪口を言うことで、自分に気づき成長していくこともあるけれど、妙に時間の流れが速くなり、成長の前に、人が離れていく。


*写真 「大宮市場」に置いてある赤タイのオブジェ、とても好きで、「友達」だと思っています。できればあと小さめのが二つあれば、場が落ち着くんだけれど。
IMG_0142.jpg
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。