So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

時代背景が違う [対人関係]

年齢がいくと、気がつくことも変わると言うか増えると言うことが、分かるようになり・・。 親の世代は、自分とは全然違っているのに、つい自分の時代の価値観と同じように考えてしまう。 育った時代背景は、年齢が高くなるにつれて、個人に濃く出てくる気がする。 あらためて、何かでご高齢者の方の声を聴く機会があれば、まずは「自分は」と言うのは、控えようと思う。物があまりなかった時代の若いころの記憶は、きっと今とは全然違っているはずなのに、その当たり前のことを結構自分が受け入れていなかったりする。 高崎のだるま IMG_0274 (600x800).jpgIMG_0281[1] (600x800) (600x800).jpg
コメント(0) 

「守る」はそのまま「抵抗」になることも [関心]

風に乗る鳥、風にさわぐ枝、瞬間にそれぞれが動いている


お互いに相談しているわけでもないのに、

人は、風がふくと、とっさに帽子を押さえたりする

そうやって自分を守ることが、できるが、ある意味、やってくるものに抵抗しているとも言える。自然の影響を避けることが物質的には進化の元・・・

でも、自然が最も人に必要なことまで忘れそうな人もいるかもしれない。
海や山に行きたくなるのは、そんな意味で、良く分かる。



コメント(0) 

少しで5月 [関心]

風がとてもいい気持ちにふいている、のんびりとした休日・・・。
5月の過ごし方が、振り返ると時期時期で違っていることに、気が付く。
過ごし方に飽きたなあ、と思うと、違うページが開いてきた気がする。

話は、変わるけれど、テレビで、「住民説明で怒ごうが飛び交う」って言う話を聞く。
怒ごうで、話しあい時間が延長されたり、やっぱり何か変化が起きるのかなと。

でも、それは一つの、ぼう〇ょ〇の力なのではないかと思ってしまう。
静かに主張しても、無理なのかなと。
せん〇う、の始まりが、話しあい不可の怒ごうかも知れないと、思いました。
IMG_0197.jpg

コメント(0) 

赤い鳥 [風景]

自動車販売のキャラクターの赤い鳥と心の友人でとても親しく(置物なのでへんな話ですが、)車で通るたびに、挨拶や近況報告をしている。先日、つい「昨日、焼き鳥を食べたよ、すごく美味しかった」と言った瞬間、全部で4羽さまいるのですが、空気が変わった。

しまった!と思ったけれど、時遅しで、凍り付いたような空気になっていた。数日たって、やっと元に戻っているような気がしたけれど。

長年話しかけているうちに、本当に心が通っていた、なのに。
なんてばかなんだろうと落ちこんでしまった。
キャラクターやロボットが大人でも無二の友人になる、
これはとても私には信じられること。

でも今日は「大丈夫だよ!」と言ってくれた気がした。
IMG_0142.jpg
コメント(0) 

2019-02-12

いろんな動きのなかで、面白いかどうかが一番基準になっている。
面白くないことを、面白く楽しむ努力もかなり重要だけれど、限界がある気がする。

電車で子供同士が、勝手に好きなことをしゃべっていたりする、お互い聞いているようには、見えないけれど、きっと楽しいのだろう。お互い聞いてないけれど楽しい、この感じもいい。

盛った感情とリアルな感情、以前は別々だった気がするけれど、
ある年齢になると自然に一つになる、それが生活において、とても楽。

近くにある賀茂神社、偶然いろんなご縁がある。

スタジオのいろんな箇所が少し壊れ、塀も直しました。IMG_0044(1).jpg
IMG_0145.jpg
コメント(0) 

初詣 [風景]

31日夜から近くにある氷川鍬(ひかわくわ)神社にお参りに行った、こんな初詣は20年ぶりかもしれない。昨年は、駅までの通り道にある神社なので、いろいろとお願いごとをした、その御礼をしなくてはと、思いたった。


小さな神社だけれど、甘酒もふるまわれ、雰囲気のあるお参りになりました。
そして今年は、より本音を自然に言う時間になると思った。



昨年から過剰なことを言うと、自分がしらけてしまうので、より楽しい時間を過ごすために、そんな思いが強くなりました。時間の過ごし方が変われば、思いが変わる、小さな変化が次の変化を呼び起こす、実感しているこの頃です。


IMG_0047.jpg
コメント(0) 

融通の利くサービス [関心]

ある場所で、特別扱いを受けることがある、
融通をきかせてくれるというのか。

それって、他言ができない。でもいろいろな状況によって、そんな体験をしている人って、いると思う。

多分、普通、人は、みんな特別扱いされることが好きなんだと思う。

以前北京に行ったとき、急に、京劇を見たくなった。申し込みはしてなかったので、
ホテルに相談すると、劇場に予約をしてくれて、車を用意してくれた。最新のベンツで、ドライバーもとても親切で、帰りが不安だったが、約束通り待っていてくれた、ついでに、簡単に夜の市内観光までしてくれ、チップも受け取らなかった。

日本は、サービスに一律的な感じがあり、雇用問題とかが関係しているのだろうけれど。
高い旅館に泊まっても、部屋や食事が豪華だけれど、なんか、もう一つの特別観が無い感じがする。それが良さと言えば良さなんだろうけれど。


IMG_1035.jpg

IMG_1058.jpg

初めて気づいた新しい型の信号機・火の鳥のような雲でした(全体が写せませんでした)
コメント(0) 

愛と言うより [対人関係]

愛って言うと、とても捉え方が難しくなる、若い世代だと、そのまま受け取れるのかもしれないけれど。

ある年齢になると、愛と言うより「誠意」や「信頼」と言う価値観がとても重要なことを実感できる。人生って、人同士が自分の時間(命)を投資していくのだから、信頼を築ける相性がいいと思う。身体で言えば骨格みたいな感じ。時間の経過とともに、その大事さがはっきりと分かってくる。

信頼は、感情的なものではなくて、その人らしい生き方とか、目指す価値とか、とても理論的なことが、支柱になる。

IMG_0996.jpg
東京タワー :照明でガラス素材に見える。
コメント(0) 

カワイイ庭 [風景]

とてもきれいでカワイイ庭が続いている通りに偶然出会った。
見とれてしまい、後で思い返しても、地下植えか、鉢植えかの記憶も残っていない。多分両方なのだと思うけれど。

いろいろな種類の花があって、繋ぎには蔦類が、自然に合わさっている。
多分大変な時間と労力と費用もかかっていそう。

見とれたせいもあるけれど、勝手に撮るのは申し訳ない気がして、写真がありません。

これまで、人がやっているいろんな事を見て、「自分にはどうやっても無理」と思うことが沢山ある。無理を避けていくと、段々自分にできそうな、自分ならできそうなことに出会った気がする。できそうなことでの、無理はある意味とても楽しい。工夫も発想も生まれる。

できないというより、したくない事でもある。「今はなんて楽しいんだろう!」と、思うほどではなくても、できないことをしなくていい、と言う強い思いだけははっきりあるので、思わず多方面に感謝の想いが生まれる。


コメント(0) 

寅さんとちび○○○ [関心]

BSで「寅さん」特集をしていた、寅さんの背景は、お団子屋さんの叔父叔母の、店舗と住宅が一緒である、そして観光地。いろんな人が、店を出入りしていて、風通しがいい、もし叔父が会社員でマンション住まいなら、寅さんと関わるのはきっと無理だろう。ちょっと行けば、川が広がり、気分転換ができ、希望も時には、失望も抱えてくれそう。そして何より、関わっている人たちが優しい。でもでも、いくらこの時代でも、世間って、多分もっとシビアだと思う。

アニメのちび○○こにも、同じ感じを持つ。出てくる人たちは、基本的に邪気がない。寅さんと思いがけず共通点を感じた、これは実際のその時代の風景を背景にしつつ、いいイメージで繋いだメルヘンなんだろうと・・・。

だから、リアルにいい人と出会っていく、自分側の努力の必要があるのだと思う。
コメント(0) 
前の10件 | -