So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

前兆の風 [魂と現実]

人って、子供の頃から、ずっとどこかにある「自分」に出会う旅を続けている。
それは、はたから見ると「適応」している、状態に見えるときでも、なんか違うという思いが片隅に、でも濃くある。

でもその何かは、真剣に向き合うと、現実が苦しくなるので、何とか正当化したがる、でもすればするほど、濃くなる。

「今、恵まれている」「人に感謝しなければ」と一生懸命今を肯定しようとする。でも、その繰り返しの苦しさから学ぶのは、実は簡単である。「なんか違う」を受けいれさえできればいい。
受け入れれば、心と身体は安心して、徐々に「なんかいい」方向に向き始める。
身体は、イメージとして表面的な感情ではなく、真意に反応している。

行きたいと口で言っても行きたくないと、どこか流れがおかしくなる。

とても影響を受けた本にパウロ-コエーリョの「アルケミスト」がある、いつも主人公は、人生に前兆を感じる、それも風の力、自然界からくる、人の人生の魂を中心とした合理性の風、水も土も好きだけれど、やはり風は特別な感じがある。昔ソビエトの映画で「貴族の巣」、内容も全く覚えていないけれど、画面だけは記憶があり、風が美しい風景を象徴していた。
IMG_0568.JPG


コメント(0) 

一人では生きられない [魂と現実]

IMG_0545.JPG人は一人では生きられないと、あらためてすごく思う。
人っていつもいつも元気なわけではない。

そんなとき、ご縁のある方が自分を丸ごと表現する対象に出会って、磨き、尚人が見て美しく、癒される世界を創りだしている姿は、心から感動と勇気をもらえる。

「あれもこれもの幸せ」と言うと我儘と言われ、封印しがちだ。でも深い想いを大事にし、時にはリスクもあり、模索し続けてきた人のその時々の一つ一つの言葉がとても懐かしく思い出される。

春は、ピンク色からあっという間に緑に変わった、どの瞬間も綺麗・・・。

IMG_0544.JPG

コメント(0) 

質の変化が進化 [魂と現実]

質の変化

初めての体験や、行ったことのない場所に行きたいのは、生活を通しての人生の質への変化への願望だと思う。
それが、一番難しくて、でも同時に、特に後半の人生の希望なのだと思う。
何より、質への変化への願望は、周囲にも思いが及ぶ、
自分が変化しても周囲がそのままだと、ストレスが高まる。
自分が変化すれば、周囲もその変化に感応して、対応が変化してほしい、と思ってしまう。

希望と言うのは、結局この自分の変化への願望だと思う。
自身の変化は、「見える可」の方法でしか、家族にも伝わらない。

後半の人生は、質に対する自覚と行動力がないと、多分あっという間に過ぎ去る。
変化や変化への願望は他人に見えるビジュアル的な力を意識することが必要になる。
長い時間と労力と多少の費用を何に投資していくのかが、具体的には大事になる。IMG_0517.JPG
コメント(0) 

皆既月食 [魂と現実]

D6120145- (600x800).jpgBE930D26- (600x800).jpgIMG_2662.jpg自分の感覚に合う言葉やイメージを探すのって、大変、既成のそれに合わせた方が、ラク。だけれども、だんだん、今の自分に合わない服みたいに小さな違和感が出てくる。

違うのに無理に合わせると、かなり自信をなくしていく。
自分の生き方を通じて、変化もする言葉やイメージを探し続ける(創り続ける)のが、言われているところの「みずがめ座」の時代。

一人では、表現に発展がないので、自分と合う感覚の人たちと自在にこだわらず生活を通して表現する・・・。元気に長生きをしてもっと世界を見たい。

*写真:1月31日の月食前の月と月食始まりの月、「モナリザ」での小谷野さん、市川さんとの楽しい食事会


コメント(0) 

親しさの為と言うより情報交換 [対人関係]

明けましておめでとうございます、今年も宜しくお願い致します!
「人の話を良く聞く」が、今年の一つの目標です。パーティーの挨拶は、大体、最初のワードで後が予測できるので、続けて聞くのが苦痛だったりする。でもじっくり聞くと、やっぱりその人らしさの発見がある。

と一応のことだけれど、面白い新鮮なワードが感じられないと、やっぱり飽きてしまう。英語は、ポイントのワードだけ強調されて発音されている気がするが、日本語もそんな感じが好きな気がする。相手の言いたいことが最初に予測できると、途中で遮るくせがある、ので、やはり相手に失礼になる。
人の持っている自分にはない発想や情報に関心があるのであって、関心がもともとない人の話は、・・・。失礼にならないようにと思いつつ、今年は自分のその傾向が強くなる気もします。
自戒を込めつつの、でもやっぱりの意味もあっての目標です・・・。
IMG_0215.jpg
コメント(0) 

相性 [対人関係]

相性ってとても大事、この元となる人の資質は、生まれつき+本人の目指す価値観から決まってくる。対話からそれらが見えてくる。
対話はその場で素晴らしい答えを見つけるためにあるわけではなく(専門家同士や仕事でまた意味が違うが)、お互いに共感を引きだすためにある。

C2060AA9-.jpg日頃から不満が多い人は、相手から共感を引き出す対話ができない。
共感は、徐々に高めあう力で、ゼロか100を求める段階は、心が粗い。

粗いと粗いは相性がいいことになる。どんなレベルと相性が合うかが、その人の人生そのものになる。

*吉乃川 パッケージが太陽のデザイン、かなりトロンとしているが、おいしい。
コメント(0) 

「波」の訪れ [魂と現実]

心臓は人体を四分割すると足元から四分の三の位置にある、それによって、上にある頭に上昇する血液を送る力と下方への引力の力を得ての流れとのバランスが初めて取れる、もし人体の二分の一の位置にあれば、生きていけない。

波は、月の引力や風の影響で一分間に18回ほど動いているそうだ。そんな大自然、宇宙のしくみがあるから人は生きていられる。同時にそれは何かを生みだすことを促している気がする。

一応安定した生活をしていても、どこか深いところから、この「波」がやってくる。目先の人の理屈からだけ考えると、無視せざるおえない「波」だ。

でも目に見えない大自然からの「波」が人体に訪れている力なので、無視すればするほど苦しくなる。何かを自分で生みだしたいという抑えきれない高揚した気分になる。

生みだしたものは、自分にとっては、絶対なので、どうこう人に言われても徐々に全く気にならなくなる。そうすると人の創ったものにも、ああだこうだという反発が消える。嫌いだとしても、人が生み育てたものだと思うと、自然に謙虚になる。自分にとっていいところを吸収すればいいだけだ。


「波」の声を聴くのは、普通の生活にとっては危険と接触しているが、高齢化社会と言うのは、声を聴き、あらたに生命力を自分に再生する時間を与えられているのではないか。

先日、アートセラピスト養成講座で学んで頂いている小谷野さんと市川さんと三人で下田に旅行に行きました、それぞれの抱いている記憶や体験はもちろん様々ですが、アートセラピーと言う共通項を持って、ご一緒できたことが、何よりの幸せな時間でした、次回を今から楽しみにしています。
*下田プリンスにて
IMG_3418.jpg
IMG_3417.jpg
IMG_3421.jpg
IMG_3426.jpg

ヨガタイム
2017_0914taiawnn0087.JPG
コメント(0) 

絵のこと [元は同じ]

 先日、5人ほどでおしゃべりをした、そのうち4人が12月生まれで、一人は、日にちまで、私と同じだった、偶然だと思いながらも、不思議な感じ。占星術はとても関心がある。

 輪廻転生を信じているのは、私と、一人みずがめ座の人だった。生まれ変わるとしたら、男性?女性?と言う問いに、3人は今のまま、私とみずがめ座の人は、うーん、と悩んでしまった結果、両性具有が希望となったけれど。

 昔、霊能者に、前世が多いと言われて、納得した。世界中の服に関心があり、着てみたいからと言う単純な理由もその一つだけれど。
 霊能者と言えば、これも昔、知人が、30名ほどの集合写真を見た霊能者が、私をさして、この人は小さな絵を描くといい、と言ったそうで、私に伝えてくれた。霊能者と私は一度も会ったことはない。
その時は、絵は好きで油彩を描いてはいたけれど、人に渡すようなイメージはなかった。
でも、その後、偶然パステル画を描く機会ができ、油彩とは全く違う手の感覚に惹かれ描くようになった。そして、人に気にいってもらえると嬉しいと思うようになり、2015年銀座で個展を開いた。心に残っている言葉って、どこかで時を待っている。

中和ギャラリーでの個展
http://www.chu-wa.com/archive/20150209.html

写真:上野:不忍池
IMG_0920.jpg
コメント(0) 

日野原先生本当にありがとうございました [不思議な命]

7月18日に聖路加国際病院名誉理事長の日野原先生がお亡くなりになった。
生前何度かお会いさせて頂いたが、その度に、何かを与えて頂いた。それは言葉だったり、先生の人生から来る空気感だったり。

ある方が、若いころ結核で聖路加国際病院に入院されていた。その後ある分野でトップの学者になり、「日野原先生にお会いすることが、自分の夢」だと言われ、
日野原先生にお会いできないかと、お願いをしたところ、機会を頂いた。

その学者さんは、当時肝炎を患っていました、
研究や病気のことなど、しばらく対話をされたあと、先生は学者さんに「自分の枠を超えなさい」と言われた。

「超えなさい」と言う意味は、自分の内面を深く見つめてきた経験のある人にとっては、決して抽象的な意味ではなく、現実に変化を起こせる強い言葉だ。誰から言われるかがポイントだけれど。そこまでの学者であれば、当然理解できるはずと、そこにいた皆が思ったと思う。

でも学者さんは、後での食事中、その言葉がずっと不満らしく、「意味が分からない」と言われていた。私は、とても残念だな、とその時思いました。

学者さんより、はるかに年上で、多くの体験をされてきた日野原先生は、無駄なことは言わない方だった。初めて会う人には、一瞬凝視されることがとても印象的でした。仕事や生きることの厳しさと面白さを暗黙に伝えて頂いたと思います。人や何かをいつも新鮮な眼差しで見られていたように感じる。IMG_0886.jpg

心よりご冥福をお祈り申し上げます。


先生から頂いた推薦文です。
 平成17年10月25日  
「アートセラピストアカデミー(有)では、アートを通して、人に憩いの時と場を提供し、心をより健康にするプログラムが紹介されている。」



ご迷惑の系譜 [関心]

喫茶店の話

喫茶店で一緒に行った人と、けんかっぽくなったことはないだろうか、
店にとっては、空気が悪くなり、他のお客さんにとって、とても迷惑なことだ。
そのときの経験です、

普段その店の人は、あまりお水を持ってこないのに、
頻繁にテーブルに来た。

そしてそれまでなら、帰り際に「またお越しください」と言うはずが、全く言わない。

その後5,6回ほど行っても、やはり言ってくれない。

その後やっと、口けんかをしなくなったのを確認したかのように
「またお越しください」と言ってくれた。鈍感な人ならそのプロセスって気がつかないかもしれないし。

これは、すごいノウハウではないだろうかmikossi.jpg、直接は何も言われていない、まあ、あまり店で口論をする人はいないだろうけれど、若気の至りにしときたい。思い出してはいつも反省しています”(-“”-)”

*写真 大宮駅にて 青森八戸のおみこしの縮小とのこと、縮小数値はメモし忘れました。
前の10件 | -